外干しの時ハンガーが飛ばないようにするには?単純な方法はある?

スポンサーリンク

外干しをしている時、風で洗濯物が飛ばされないか、気になる時があります。

干していた洗濯物が他のご家庭に飛んでしまうと、焦りますよね。

単純な方法ですが、私が行っている洗濯物が飛ばない対策をお話しします。

洗濯物が飛ばされた!?

外に干していた洗濯物が、風で飛んでしまったことがあります。

取り込んだ時、
あれっ…ない!?洗濯しわすれた?と、思ったら…
ポストに入れてもらったこともあります。

実際にどこに飛ばされたのか分からず、大家さんが入れてくれたのかもしれません。
また他の方のベランダに、飛んでしまったのかもしれません。

親切に入れてくださり助かりましたが、ご迷惑をかけてしまったと思います。

また取り込んだ時にまったく気づかず、駐車場に落ちていたこともありました。
逆に別の方の洗濯物が飛んできた時もあったり…。

お互い困ってしまいますし、気まずいですよね。

さすがにかなり風が強い時は干しませんが、朝はそうでなくても、急に風が吹く時もあります。

できるだけ洗濯物が飛ばないような工夫が必要だと思いました。

スポンサーリンク

角ハンガーの洗濯ばさみを利用!

角ハンガーは衣類をいくつか干せるので、ある程度の重さになり、比較的飛ばされにくいと思います。

でもフックをかけるだけでは、物干しざおを移動してしまうこともあります。

フックがグリップタイプになっていると、移動がしにくく、安定します。

衣類によっては、角ハンガー以外に、個別のハンガーで干したい時もあります。

ですが個別のハンガーだと、風が吹くと物干しざおが移動したり、飛んでしまうこともあります。

そこで角ハンガーについている洗濯ばさみを使い、袖などをはさんでいます。

さらにハンガーと衣類にも洗濯ばさみをつけることで、ずれを防止しています。

オレンジの○の部分を、洗濯ばさみではさんでいます。

上の写真のように、2つの角ハンガーの間にハンガーをかけたり、外側にもそれぞれかけて、とめることもできます。

角ハンガーの洗濯ばさみがあいている時は、さらに角ハンガーの内側を洗濯ばさみでとめると、干せるハンガーも増えます。

単純な方法ですが、こうすることで目隠しになりますし、ハンガーにかけた衣類がどこかに飛んでしまうことはなくなりました。

またハンガーにかけた衣類の脇の部分も重なりにくいので、乾きやすいです。

ですが風がふくと角ハンガーと個別ハンガーが接近してしまったり、強い風が吹くと、ハンガーのフックから落ちて、角ハンガーに垂れ下がってしまうこともあります。

(二か所洗濯ばさみでしっかりとめておけば、飛ばされることはほとんどありませんが…。)

また衣類によっては洗濯ばさみを使って干すと、跡が気になることもあるので、衣類によっては向かないこともあると思います。

干せるハンガーの数も限られてしまうので、洗濯物の量が多い時は全て行えるわけではありません。

グリップタイプのハンガーは?

そこで100均に行き、便利なグッズを探してきました。

今回買ったのは、フックがグリップタイプのハンガーです。
二つ一組で100円でした。

実際に使ってみましたが、物干しざおを移動することもなく、軽量なのに単独でしっかり固定される印象。

洗濯ばさみを使わず、干したい時に便利です。

でも”ずれ”を防止する部分はありますが、洗濯ばさみを使いたい時は、少しはさみにくいかもしれません。
(はさめないというわけではありませんが…。)

そのためYシャツなど、ハンガーにかけても、肩がずれにくいものが適していると思います。

私は先ほどお話しした角ハンガーを利用したり、このグリップタイプのハンガーを使って併用しています。

実際に飛ばされる心配から解放されました。

グリップタイプのハンガーはまだ二つしか持っていませんが、これから増やしていくかもしれません。

早めに気づくことも…

話を戻しますが、洗濯物の量が多い時など、飛ばされても気づかない時はあると思います。
最初にお話ししましたが、落ちてる!?と、後で気づくことも…。

飛ばないようにすることが一番ですが、ご心配であればハンガーの数をかぞえておくと良いと思います。

忘れてしまいそうなときは、簡単にメモしておく…。

万が一飛ばされたとしても、あれっ!?○個か足りない?
と、気づくことができ、自宅にいれば早めにまわりを確認できると思います。

まとめ

角ハンガーの間に個別ハンガーをかけて、洗濯ばさみを二か所とめたり、グリップタイプのハンガーを使用して、洗濯物を飛ばないようにしています。

それぞれメリット、デメリットがあるので、併用して対策しています。

風は急に強くなることもありますし、飛ばされると困るので、あらかじめ飛ばない対策をしておくことは大切だと思います。

追記:新しいグリップタイプのハンガーを買いました。
今度は100均ではなく、ディスカウントショップで…。
4個で216円で売っていたので、100均と変わらないですね。

以前買ったタイプと違うのは、洋服をかける部分の幅が狭いので、洗濯ばさみがつけやすいことです。

洗濯ばさみをプラスしてつけたいような時におすすめです。

<関連記事>
Tシャツは裏返しにして干したほうが良い理由は?

洗濯機が水漏れをしたのは入れすぎたから?2回起こった原因は?

アパートのポスト(郵便受け)に名前は表記したほうがいい?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: