Tシャツは裏返しにして干したほうが良い理由は?

スポンサーリンク

Tシャツはカジュアルだったり、ちょっとおしゃれな物もありますが…

気に入ったTシャツは、できるだけ長く着たいですよね。

今回はTシャツの干し方について、書きたいと思います。

なぜ裏返しにしたほうがいいの?

今まで洗濯物はできるだけ表にして、干していました。
そのほうが、後で取り込んで、たたんでしまう時も楽だからです。

ですがたまたまTシャツを干した時に主人から…

「Tシャツは裏返しにして干したほうがいいよ!」

と、言われました。

「えっ!なんで?後が面倒じゃない?」
と聞くと…

「表にして干すと、プリントが日焼けしやすいよ。だから裏返しのほうがいい。」

なるほど…。
確かにそうだなぁと、納得しました。

スポンサーリンク

長時間外にいる時もあるけど…

結構Tシャツは、日焼けしやすいんですよね。

全体的に色あせる時もありますし、プリントされている部分も気になります。

特にお気に入りのTシャツが、色あせてしまうと悲しいです。

細かいことを言えば、長時間外にいることもありますし、繰り返し洗濯もするので、完全に色あせを防ぐのは難しいです。

Tシャツは消耗品で、それほど長持ちはしない、という印象が強くありました。

ですが干す時に裏返しにするだけでも、その劣化を遅らせるはできます。
それゆえ主人に言われた通り、裏返しにして干すようになりました。

洗濯する時も裏返しがいい?

とはいえ、もともと衣類を表にして洗濯をしていたので、干す時に裏返しにするのは正直面倒な時も…。

上記で述べた通り、表にして洗濯をすれば、そのまま干して取り込み、たためるので、後が楽だとは思います。

そこでTシャツは、洗濯する時から、裏返しにするようにしました。

裏返しでTシャツを洗うと、表側を保護することができます。

私は刺繍のTシャツを持っていますが、ほつれなどの防止にもつながります。
ボタンやフリルなどがあるTシャツも同様です。

これは干す時も一緒で、裏側にして干したほうが保護することができます。

他の衣類も同じ?

主人から言われたのは、Tシャツでしたが、他の衣類でも同じことが言えます。

どんな衣類でも色あせるのは嫌ですよね。

気になる衣類は、裏返しにして干してみると良いかと思います。

でも表にして干しても、Tシャツほど影響はないかな…という衣類もあるので、私は全ての衣類を裏返しにして、干しているわけではありません。

裏返しにして干すと良いと思ったのは、表側から手を入れられるけど、裏側にポケットがついているズボンなどです。

表にして干すと、この部分だけ乾きにくいこともあります。
そのような衣類は裏返しで干すほうが、向いていると思います。

また衣類自体が陰干し表示になっていることもあるので、確認してみましょう。

まとめ

Tシャツは色あせしやすい衣類です。
そのため裏返しにして干すことで、できるだけ防ぐことができます。

さらに洗濯する時から、裏返しにしておくと、表面を保護することができます。

刺繍のTシャツは、ほつれなどを防止できたり、ボタンやフリルなどの保護にもなります。

他にも裏返しにして干したほうが、良い衣類もあります。
またもともと陰干し表示の衣類もあるので、確認しておくことも大切です。

〈関連記事〉
外干しの時ハンガーが飛ばないようにするには?単純な方法はある?

洗濯機が水漏れをしたのは入れすぎたから?2回起こった原因は?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: