Tシャツのタグが肌に接触するとかゆい!抜いてしまう?

スポンサーリンク

Tシャツにタグがついていますが、肌にあたるとかゆい!
と思う方もいると思います。

今回はTシャツのタグの処理方法について、お伝えしたいと思います。

襟元のタグが肌に接触すると…

私は夏、Tシャツでいることが多いです。
楽なのでよく着ています。

でも…
襟元についているタグが肌にあたるとかゆい!と思う時もしばしば…。

裾の部分についているタグもありますが、前にだして着ると直接肌にあたりません。
一方で襟元だと首の下あたりにあたるんですよね。

Tシャツだけでなく、冬の(直接肌に接触するような)下着なども同様です。

主人はタグが気になったことがない!と言っているくらいですが…
敏感肌の方は気になると思います。

私も敏感肌なので、タグが肌にあたり、無意識にかいてしまうこともありました。
なので対処する必要あり、と思うようになりました。

スポンサーリンク

ハサミでカットする場合

手っ取り早い方法は、タグをギリギリの部分でカットしてしまうことです。
タグに点線がある衣服もありますよね。

ハサミでカットすると短くなるので、肌に接触する面積を減らすことができます。

ですが…
完全にタグを取り除くわけではないので、残った部分が肌に接触してかゆみが残る、という方もいると思います。

私も以前はハサミでカットしていましたが、やはりかゆくなります。
なので完全にタグを取り除いてしまうようにしています。

タグは簡単に取れる?

タグを取り除くのは、意外と簡単にできます。

タグの表、裏を見てみると、どのように縫ってあるのか、だいたい把握できると思います。

タグの裏の部分です。

Tシャツにしっかり縫い付けられていますね。
これを一つひとつ、ほどいていけばいいわけです。

そこで活躍するのが、リッパーです。

私はミシンを買ったときについていたものを使っていますが、100均でも売っています。
ミシンの縫い目も、簡単に抜くことができます。

糸をすくいあげるようにして、縫い目をほどいていくと、しっかり取ることができます。

ですが布を傷つけないように、一つひとつ丁寧に行うことが大切です。

タグを抜いたら、余分な糸をカットしたり、処理をします。

タグを抜いた部分の隙間が気になったり、縫い目がグラグラしているときは、この部分を手縫いしてもよいでしょう。

まとめ

Tシャツのタグがついたままで肌に接触すると、よくかゆくなります。

なのでリッパーを使って抜いています。

タグは簡単に抜くことはできますが、処理するときは一つひとつ丁寧に行いましょう。

【関連記事】
Tシャツは裏返しにして干したほうが良い理由は?

外干しの時ハンガーが飛ばないようにするには?単純な方法はある?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: