かいわれ大根を水につけて栽培にチャレンジ!経過、結果は?

スポンサーリンク

かいわれ大根の、再生栽培にチャレンジしました。

豆苗と同じく、水につけて行いました。

その経過・結果、育ててみて思ったことなどを、書きたいと思います。

再度チャレンジしたい!

以前豆苗を水につけて、再生栽培をした記事を書きました。

参考:買った豆苗を育ててみた~一回目は何日でカット?その後の伸びは?

かいわれ大根も豆苗と同じく、水につけて再生栽培にチャレンジしたことはありますが…

なかなか育たなくて、途中で断念したことがあります。

でも何とか頑張れば、豆苗のように育てることができるかも!?と思いました。

かいわれ大根の再生栽培は難しいと言われていますが、再度チャレンジしてみることにしました。

スポンサーリンク

かいわれ大根をカット!

買ってきたかいわれ大根を、だいたい根元から、1.3cmのあたりでカットしました。

かいわれ大根にしては、少し大きめですが、豆苗を育てた時に使った容器を使用。

根がひたるくらいに、水をつけました。

側面からみると、こんな感じです。

直射日光は避けましたが、できるだけ室内の明るい場所に置くようにしました。

チャレンジしたのは、5月の中旬の暖かい時期。

水も濁りやすかったので、一日に1回、もしくは2回、水を交換するようにしました。

3日、7日が経過

水につけてから、3日が経過。

数本ですが、ぼちぼち伸びてきました。

7日後が経過。

一番伸びている部分は、約6.5cmまで伸びました。

しかし、伸びてきた部分はあるものの、生えているのは数本だけ。

また切り口の断面が、少し黒っぽく変色しているのが気になりました。

10日が経過

水につけてから10日が経過しました。

一番伸びている部分で6.5cm。

断面は変色したままで、これから生えてくる気配もないように思えました。

またせっかく生えてきた部分も、一部抜けてしまったり…。

正直これ以上育てても難しいと思ったので、ここで断念することにしました。

追記:その後も、何度か育てましたが、やはり気温が高くなってくると、生えてくる本数も増えてくる印象です。

まとめ

かいわれ大根を水につけて、再生栽培にチャレンジしました。

ですが10日経っても数本しか伸びず、切り口の断面も変色してきたので、今回も断念することに。

豆苗と違い、再生栽培が難しいと言われているかいわれ大根ですが、今回育ててみて、やはり難しいと実感しました。

でもこうやってみよう!というアイデアが思い浮かべば、またチャレンジするかもしれません。

〈関連記事〉
サボテンを外に出して育てる!黄金司に花が咲いた経緯は?

ゴムの木を大きく育てる方法は?葉が落ちるのを防ぐには?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: