サボテンを外に出して育てる!黄金司に花が咲いた経緯は?

スポンサーリンク

サボテン(黄金司)を育てています。

気づいたら…花が咲いていました!

参考までに、育てた経緯をお話しします。

サボテンらしさが気に入り…

サボテンが好きなので、ホームセンターでよく買ってきます。

手頃な値段で売っているものもありますよね。

今育てているのは、「黄金司」という種類です。

サボテンにもいろいろな種類がありますが、正直詳しくないです。
買う時も種類というより、パッと見で、いいなぁというものを買うので…。

この黄金司は、個人的にサボテンらしくていいなぁと思いました。

スポンサーリンク

黄金司の花が咲いている!

その黄金司ですが…

花が咲いていました!!!

サボテンに花を咲かすのは難しいと思っていましたが、気づいたら咲いていたのでびっくり。

拡大してみると、こんな感じの小さな花です。

ちょこっと、何気についているような感じ。

一つだけと思ったら、よく見ると、もう一つ花が咲いていました。

青色の丸印が咲いている花、黒色の丸印がつぼみです。
つぼみはこの他にもついていました。

数日後さらに増える!

そして数日後、見るとさらに花やつぼみが増えていました!

つぼみができたり、花が咲いたと気づいた時から、数日間で増えました。

何年で咲いた?

園芸店に行くと、サボテンの花が咲いている状態で売っていることもありますが…
ただでさえ、花を咲かせるのが難しいと言われるサボテン。

自分で育てて、花を咲かせることができたので、とても嬉しかったです。

この黄金司ですが、外に出してから約3年が経ちました!

最初は花を咲かせたいというより、外でぐんぐん育つサボテンを見たかったので、買ってきました。

しかし、約3年で花が見れるとは…。

次に育てた経緯をお話しします。

外に出したら増えた?

今までサボテンは、室内で育てていました。

サボテンは手間がかからないという印象はありますが、意外と水やりの加減が難しい、と思う時があります。

水が多すぎて根腐れしたり、逆に乾燥が強すぎて、枯れて抜けてしまったこともあります。

そこで、今度は外で育ててみよう、と思って買ったのがこの黄金司です。
植え替えて、外に出すことにしました。

実際に育ててみましたが、外のほうが伸びが早い、と思いました。

植え替えた時の写真がないので、申し訳ないですが…
枝分かれしていき、増えた印象です。

あれっ、こんなに大きかったっけ!?

と、思った時も…。

やはり日光があると、違う!と実感しました。

手入れは?

では手入れは、というと…
正直、かなりおおざっぱでした。

サボテンの水のやり過ぎには注意が必要ですが、私の場合、他の植物と一緒にあげていた時もありました。
(最近は控えるようになりましたが…。)

肥料もあげていません。

雨や雪が降ったり、霜が降りても、そのまま置きっぱなしがほとんど。

また一回引っ越しをしていますが、ここまで育ったので、びっくりしています。

ですが、日当たりの良い場所には、置くようにしました。

花も咲いた理由はこれだけではないと思いますが、やはり日光があったほうが咲きやすいと言われています。

育てているのは日本ですが、砂漠でも育ちますからね。

とはいえ、水やりが多すぎて、枯れてしまった…と言っていた知り合いもいました。

私もおおざっぱに管理していたので、恐縮ですが…
土の状態を見ながら、行ったほうが良いと思います。

季節や日当たり、気温などによって、変わってくると思いますが…
少し乾いたくらいなら水やりをしなくてもいい、と言われていますよね。

冬は雪が降ったり、霜が降りた時もあったので、ほとんど水やりはしませんでした。

室内に入れずそのまま屋外に置く場合でも、できるだけ影響がない場所に置いたほうが育ちやすいかな、と思います。

まとめ

黄金司のサボテンを外で育てたら、増えて花が咲いていました。

今まで室内でしか育てていなかったサボテンですが、外で鑑賞するサボテンも合うなぁと思いました。

園芸店に行くと、花が咲いているサボテンも売っていますが、自分で育てて咲かせると嬉しいものです。

サボテンの花を咲かせるのは難しいと言われていますが…
日光の当たる場所に置いたり、水やりに配慮すれば、花を咲かすことができるかもしれません。

〈関連記事〉
バラのつぼみをカットして室内で一輪挿しに!花が咲いた経緯をご紹介

買った豆苗を育ててみた~一回目は何日でカット?その後の伸びは?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: