買った豆苗を育ててみた~一回目は何日でカット?その後の伸びは?

スポンサーリンク

スーパーでよく、豆苗を買います。

豆苗は再生栽培が可能なので、カットして、一回目、二回目と、育ててみました。

収穫した時の日数や調理したもの、限界…などについて、書きたいと思います。

二回目も挑戦することに!

豆苗は栄養が豊富、と言われているので、積極的に食べています。

よくスーパーで買いますが、比較的安く買えるのも魅力です。

また豆苗は、再生栽培も可能です。

買ってきた豆苗の袋を見ると、そう書いてありますよね。

室内で育てることもできるので、たまに再生栽培を行っています。

豆苗は再生力があると感じるので、一回目なら容器と水を用意して、置き場所や水の交換に配慮すれば、比較的手軽に育てられると思います。

いつも一回目だけで、再生栽培をやめてしまいますが、二回目はどれくらい伸びるのか、興味を持ったので、挑戦してみることにしました。

その経過をお話しします。

スポンサーリンク

再生栽培一回目~容器、水を準備

まずは買ってきた豆苗をカット。

大きめの器に入れて、水(水道水)につけます。

水の量は根がひたる程度にしました。

横から撮った写真です。

どのあたりでカットするべきか、いつも悩みますが…
根元から3.5cmくらいでカットしました。

できるだけ育つようにカットしたいと思いますが、一本一本、伸びていくスピードなどは違うので、なかなか難しいなぁと…。

ですが、切りすぎても良くないので、だいたい…というところでカットしていますが、再生力はあるので、伸びると思います。

ちなみに豆苗の袋には、カットについて表示されていました。

その後も肥料は、特にあげていません。

あとは置き場所、日当たりなどに配慮すれば、比較的手軽に育てられるかな、と思います。

三日目~置き場所は?

環境によって、伸びていくスピードは異なります。
ちなみに今回は、4月の中旬から下旬にかけて、育てました。

冬は伸びるスピードは落ちますが、一回目は育ちました。

置き場所は直射日光に当たる場所は避けたほうが良いですが、明るい場所に置くようにしましょう。

三日後の様子です。

やはり一本一本長さは違いますが、一番長い部分は、12cmまで伸びました。

水交換は適度に行ったほうが良いと思います。
気温が高くなってきた時は特に!
(二回目の栽培のところで、またお話しします。)

冬でも一日に一回は、交換をおすすめします。

四日目~光の当たる方に向く!

四日目。

どんどん伸びてきました。

直射日光に当たる場所は避けましたが、やはり光が当たる方向に向くのがわかります(^o^)

まっすぐ伸ばすために、向きを変えたりしました。

八日目には?

買ってきた豆苗を育てて、八日が経過しました。

一番長い部分は、約18cmにもなりました。

何日目でカットすれば良いか、悩みましたが、伸びてきた部分もかなり増えたので、ここでカットすることにしました。

やはり買ってきた時のような量、とまではいかなかったです。
半分から三分の二くらい、といったところでしょうか。

見た目も少し細く、薄めに感じますが、とりたてはシャキッとしています!

収穫した豆苗で調理

早速調理をしました。

調理といっても、塩、黒コショウ、味の素などで、さっと炒めただけですが…。
お好みでベーコンやハムなどど、一緒に炒めても美味しいですよ!

収穫量は少ないですが、小鉢やお弁当のおかずにはなると思います。

二回目~再びカットして三日後

二回目の再生栽培も、同じくらいの長さでカットしました。

これは再びカットしてから、三日後の写真です。

う~ん…、少し伸びてきただけ。

やはり一回目より伸びがいまいちです。

五日目~なかなか伸びない…

再生栽培二回目、五日目の写真です。

三日後より少し伸びてきたくらい…。

再生栽培一回目の時は、ぐんぐん伸びていきましたが、五日目になっても伸びが悪いです。
何本か元気に伸びている部分もありますが、五日目でもまばら。

また一回目の時より、水も濁りやすくなってきました。

ここ数日、様子をみて水交換の回数を増やしたり、根の部分を軽く水で洗い流したりしましたが、さすがに厳しくなってきました。

少ないですが、伸びてきた部分も、一回目よりさらに細いかな、と…。

そのためここで断念することに…。

まとめ

買ってきた豆苗を水につけて、室内で育てました。

再生栽培一回目は、伸びがよく、8日目でカットしました。
買ってきた時より、量は減り、少し細めでしたが、炒めて小鉢にしてみました。

今回は二回目も挑戦しましたが、伸びが悪く、水も濁りやすくなったので、五日目で断念しました。

条件によっては、二回目でも育つと思いますが、回数を重ねるごとに育つまで時間がかかったり、量も減っていくと実感…。

ですが豆苗は再生力がありますし、一回目なら容器に水をひたし、置く場所や水交換に配慮をすれば、比較的手軽に育てられると思います。

〈関連記事〉
かいわれ大根を水につけて栽培にチャレンジ!経過、結果は?

ゴムの木を大きく育てる方法は?葉が落ちるのを防ぐには?

アパートで簡単にできる家庭菜園は?植木鉢でも育てやすいのは何?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: