ハムスターが床材を外に散らかす時は?金網ケージでも対策できる?

スポンサーリンク

金網のケージでハムスターを飼っていますが、底に床材を入れています。

外に飛び散ってしまうこともあり、困っていた時があります。

床材をできるだけ飛び散らないようにするにはどうするべきか、お話ししたいと思います。

床材の量で調節

私はハムスターを飼っていますが、金網のケージを使っています。

ハムスターがよく床材をかき出し、散らかしてしまう時があります。

外まで飛び散ってしまうと、とても困ります。

掃除をしても、また散らかしてしまったり…。

床材を掘るようにしてかき出すので、金網のすき間からどうしても飛び散ってしまいます。

これを防ぐには、床材の量で調節する方法もあります。

床材を入れすぎないようにすれば、多少は違うと思います。

でも床材はクッションになりますし、ある程度入れたほうが良いので、難しいですよね。

私は夏になると、少なめにしますが…。

スポンサーリンク

金網のケージでも違う!?

もし床材が外に飛び散って困っている方は、水槽や衣装ケース等を、ケージにする方法もあります。

特に衣装ケースはお手軽ですし、アレンジして使うこともできます。
これならハムスターが床材をかき出しても、外には飛び散りにくいです。

私もそうですが…それでも金網のケージを使いたい、という方もいると思います。

実はケージが劣化したので、今使っているケージに変えましたが…
床材が外に飛び散る量は、減ったような気がします。

買いかえたのは、大きさの違う金網ですが、似たようなケージ。
同じハムスターで床材の量も、ほとんど変えていないと思います。

そこであることに気づきました。

金網ケージの底の部分に注目!

似ているタイプの金網のケージ、と書きましたが、底の部分は少し違います。

見た目は意外と低く見えたので、最初は分からなかったですが…
前に使っていたケージの底と比べると、高くなったことに気づきました。

底に段差があるタイプなので、低く見えましたが、実際には高くなりました。

底が少し高くなったことで、外に飛び散る量が減ったのでは?と思いました。

床材の飛び散りをできるだけ減らしたい場合、底の部分に注目して、少し高さのあるものを選ぶと違うかな、と思います。

ちなみにこのケージは、底が透き通って、金網をすっぽりかぶせるタイプです。

この部分から中の様子を見れますし、すっきりしているので、底の高さを感じません。

これより底が高い金網ケージも見かけますし、少し細かい部分にも注目して選んでみても良いと思います。

それでも飛び散る時もある?

それでも全く飛び散らない、というわけではありません。
かなり派手にかき出していると、飛び散っている時もあります。

もともとハムスターは穴を掘る習性がありますし、なかなかやめてもらうというのは難しいと思います。

そういう面では、水槽のケージのほうが楽だと思いますが、飛び散る量は減ったと思います。

まとめ

ハムスターは穴を掘る習性があり、金網ケージの底に床材を入れると、外に飛び散ってしまうことがあります。

水槽のケージ等に変えると、外に飛び散りにくくなります。

もし金網ケージを使いたい場合は、底が高めの物を選ぶ方法もあります。
全く飛び散らないわけではありませんが、量は少し減るかな、と思います。

〈関連記事〉
ハムスターがトイレを覚えないので対策をしてみた!

ハムスターがアピール!?夜の電気を消す時間にも配慮は必要?

ハムスターが目を開けたまま寝ることも!ドキッとするけど元気なの?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: