アパートのインターホンを切る方法はあるの?

スポンサーリンク

アパートに住んでいますが、インターホンの音量が気になったことがあります。

時には音を、シャットアウトしたい時もありますよね。

そこでインターホンが鳴る音を、切ったり、軽減する方法を試してみました。

一時的に消したい時は?

インターホンの音は、どこの部屋にいても聞こえたほうがいいですよね。
ですが音をシャットアウトしたいと思った時はありませんか?

例えば…

・頻繁なセールスがある。

・体調が悪いので、静かな環境で寝たい。

・子供が小さいので、音をシャットアウトしたい

などなど。

ずっと音を消したままだと、宅配便なども来るので難しいですが、一時的に消したい時もありますよね。

ヘッドホンで音楽を聴いていると、聞こえない時もあります。

でも電話をしていた時、インターホンが鳴り、友達から…

「誰か来た?」

と言われたこともあります。

インターホンの音は結構、響くんですよね。

スポンサーリンク

そもそもインターホンは自力で消せる?

アパートに限らず、インターホンで呼び出しても応答がないと、いろいろと不都合なケースもあります。

そのため、切るのは難しいのでは?と思っていましたが、消せる場合もあります。

とはいえインターホンには、様々な種類があり…

比較的簡単に消せるインターホンもあれば、自力では無理な物もあります。

昔ながらのインターホンだと、乾電池が入っているタイプもあり、これを取り外せば消すことはできます。

また側面などを開ければ、スイッチがあるインターホンもあります。

ですが我が家のインターホンを確認したところ、簡単に消せるようにはなっていませんでした。

インターホンは、乾電池式の他に、コード式、直結式があります。

直結式の場合、自力で行うのは無理です。

アパートやマンションでは、この直結式が多く、我が家のアパートも直結式でした。

例え自力で行えるインターホンだったとしても、アパートなので壊してしまうと厄介です。
無理だと思ったら、手を出さないほうが無難です。

操作をすれば消せる?

今住んでいるアパートに設置されているインターホンは、モニターを見ながら会話ができます。

操作(画面をタップしたり、ボタンを押す)をして、音を消せるか調べてみました。

我が家のインターホンは、会話をする時、音量をコントロールできます。
ですが、インターホンの音を消すのは、できないと判明しました。

またこの音量自体も、完全に消せないようになっていました。

う~ん…やはり聞こえるように、設置されているようですが…
アパートでもいろいろなタイプがあるので、気になる方は一度確認してみましょう。

ブレーカーを上げると?

ではブレーカーを上げてしまえば、消せるのでは?
と思いますが、これはおすすめできません。

我が家は台所にインターホンがあります。
冷蔵庫も置いているので、台所のブレイカーを上げてしまうのは難しいです。

ブレーカーが部屋ごとに分かれていたとしても、他の電気も止まってしまうので、これは控えたほうが良いでしょう。

耳栓をする

耳栓をすると、だいぶ音をシャットアウトできます。
今は柔らかくて違和感のない耳栓も販売されています。

なのでインターホンの音を気にせず寝たい時は、耳栓をして寝る方法もあります。

ですが耳栓をすると違和感があるという方や、部屋全体の音を消すわけではないので、他にご家族がいると難しいですね。

音を軽減するには?

いろいろと書いてきましたが、音を消せないなら、”軽減する”ことを考えたほうが良さそうです。

一番手っ取り早いのは、インターホンの音が出る部分をふさいでしまう方法です。

試してみたところ、完全とは言えませんが、軽減されました。
響いていた音が、少し落ちる感じです。

セロハンテープでも良いですが、ビニールテープだとはがしやすいです。

またテープだけだと薄いと思ったら、段ボールなどを切って、この上からテープをはる方法もあります。

あくまでも一時的としてなので、後で取り外すのを忘れないようにしましょう。

まとめ

乾電池式のインターホンだと、取り外して音を消すことができます。

とはいえ、アパートやマンションなどのインターホンは、直結式が多いです。

直結式の場合、自力で行うことはできません。

ブレーカーを上げてしまうと、他の電気にも影響があります。

ですが音が出る部分をテープなどでふさいで、軽減することはできます。

<関連記事>
インターホンは出る?私服を着た知らない人が来た時の対応は?

アパートの駐車場に違う車が停まっている時の対応や連絡先は?

アパートの玄関に蜘蛛の巣があちこちに張っていたので対策!

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: