ホームセンターで買ったばかりの電化製品が壊れていたら?

スポンサーリンク

買ったばかりの電化製品なのに、壊れていたことがありました。

まだ一度も使っていないのに…と思いますよね。

電気屋、ホームセンターなどで買った電化製品が、壊れていた時はどうすれば良いか、書きたいと思います。

箱を開けたら割れている!

蛍光灯が切れたので、ホームセンターまで買いに行きました。

家に戻り、早速交換しようと思ったら…

蛍光灯が割れている!!!

箱を開けたら、真っ二つに割れていました。

困るなぁ、どうしよう…。

手に取った時にはもう割れていたとはいえ、運ぶ時に割れた可能性もあります。

車で運びましたが、割れないように気を付けていましたが…。

運が悪かったと、あきらめようと思いましたが、1,000円以上したので正直イタイ。

ということもあり、ホームセンターに問い合わせることにしました。

スポンサーリンク

電話で相談してみた

まずは担当者に、以下のことを話しました。

・箱を開け、手に取ろうとしたら、割れていた。

・車で運んだ。

・下に落としたり、ぶつけたりはしていない。

すると…

「ではレシートと一緒に、こちらまで持ってきていただけますか?」

と言われたので、すぐ向かいました。

蛍光灯を見せたら…

再びホームセンターへ。

担当者に、割れた蛍光灯を見てもらいました。

「この割れ方だと、もともと壊れていたと思います。運んだだけではこのように割れないので…」

ということで、交換してもらえることになりました!

購入して家に持って帰った状態なので、自分の過失ではなかったとしても証明できません。

(交換は)無理かもしれない…と思っていましたが、連絡して良かったと思っています。

大型家電量販店やホームセンターでは、棚に電化製品がたくさんのっています。

多くのお客さんが手に取っていますし、こういうことは意外とあると思います。

箱がしっかりしているので、買った時に割れているとは気づきませんでした。

蛍光灯がつかなかった時も

上記の件は蛍光灯が割れていた話ですが、買った蛍光灯がつかなかった時もあります。

電気屋さんで買いましたが、初めて使うのにつかない…。

別の電気で試してみましたが無理で、この時は破損していたわけではありません。

これは完全に不良品だと思い、直接持っていきました。

電気屋さんに確認してもらうと、やはりつかなかったので、交換になりました。

購入前、購入後の対応について

電化製品の不具合があったとしても、交換してもらえれると助かりますが、また店に行くなど、手間もかかります。

このことを踏まえて、購入前、購入後の対応をまとめました。

【事前に箱を開けて確認できる場合】

購入する前に箱から取り出して、事前に破損がないか確認できる商品もあります。

しっかり箱に入っていると、中で破損していても気づかない時もあります。

商品によっては難しいと思いますが、可能であれば確認しておきましょう。

【動作を確認できる場合】

電化製品によっては、事前に動作を確認できる商品もあります。

蛍光灯の売り場では、コンセントがあり、事前に差し込んで明るさなどを確認できるお店もあります。

切れていないか、しっかり動くか、事前に確認できる場合は、行っておくと安心です。

【レシートは確認できるまで保管】

レシートは、この商品を購入したという証明になります。

明らかに自分の過失でなかったとしても、お店によってはレシートがないと、交換するのが難しい場合もあります。

家で動作が確認できるまでは、保管しておきましょう。

【購入先に問い合わせる】

自分の過失ではないと思われる場合は、購入先に電話で問い合わせてみましょう。

直接お店に行っても良いですが、事前に電話で問い合わせておくと、行き違いがなく、スムーズに事が運ぶと思います。

【壊れていた経緯をありのまま話す】

そもそも家に持って帰ってしまうと、自分が壊していないという証明をするのは難しいです。

上記で述べたケースもそうですが、破損した状態をみて判断してくれる場合もあります。

またどのようにして運んだのか、正直に話して、理解してもらうようにしましょう。

まとめ

買ってきたばかりの電化製品が壊れていた、というトラブルは意外とあります。

自分に過失はないと思う時もあります。

そんな時は購入先に電話をかけてみましょう。

その際、経緯をありのままお話することをおすすめします。

【関連記事】
リサイクルショップでまとめて売ると?1円にもならないと思ったら?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: