ハムスターの給水ボトルを熱湯消毒しました

スポンサーリンク

ハムスターの給水ボトルが劣化してきたので、買い替えました。

金網ケージに固定できる物を購入しましたが、使ってみると便利な機能もありました。

給水ボトルのノズルや熱湯消毒について、書きたいと思います。

給水ボトルが劣化

新しいハムスターの給水ボトルを買いました。

今まで使っていた給水ボトルを見ると、少しへこんでいたり、かじったような跡もあったので、買い替えることにしました。

通販サイトで「ドリンクボトル30cc」を買いました。

金網ケージを使っていますが、置くタイプだとスペースがないので、取り付けるタイプを選びました。

特に機能性にはこだわらなかったですが、スリムでいいと思いました。

スポンサーリンク

新しい給水ボトルを取り付けてみた

前に使っていた給水ボトルです。

新しい給水ボトルに替えてみました。

見た目もすっきりした印象で、ホルダーもかわいいです。

前はエサ入れの方に取り付けていましたが、水がえさに落ちると傷みやすくなります。
ノズルも少し長くなったので、取り付ける場所を替えました。

でもしっかり飲んでいた様子を確認できたので、良かったです。

ノズルが透明

先ほども書きましたが、機能性にはこだわってなかったです。

でもノズルが透明なんですね。

そのため汚れを確認しやすいというメリットがあります。

ノズルの部分も、汚れが気になるので便利です。

ノズルを熱湯消毒

またもう一つ、パッケージを見て気づいたことですが、飲み口とパッキンを取り外して、熱湯消毒ができると知りました。

今まで熱湯消毒は、行っていませんでした。
常に清潔な水を飲んでもらえるよう、きれいに洗うようにはしていましたが…。

でも熱湯消毒をすると、雑菌などを防げるので、毎日とまではいかなくても、気になった時や、定期的に行うようにしました。

パッケージに表示されているように、パッキンから取り外して、10秒程度熱湯で消毒しました。

私は容器に熱湯を入れて、行いました。

「参考:ドリンクボトル30CC パッケージ」

10秒経ったら、ピンセットで引き上げましたが、消毒した後はしばらく熱いです。

しっかり冷ましてから、取り付けるようにしましょう。

普段から給水ボトルも清潔に

給水ボトルを熱湯消毒したことを書きましたが、ハムスターが水を飲む容器なので、普段から清潔に保つことは大切です。

特に写真のパッキンの部分は汚れやすいので、毎日流水で洗うようにしています。

またこのボトルは消毒できないので、水を取り替える時に、流水で洗うようにしています。

まとめ

ハムスターの給水ボトルが劣化してきたので、新しいものに替えました。

買った「ドリンクボトル30CC」は、ノズルが透明だったり、取り外して熱湯消毒もできるので、便利に使えるようになりました。

ハムスターが水を飲む容器ですし、このボトルは消毒できないので、普段から清潔を保つことも大切だと思います。

〈関連記事〉
ハムスターがトイレを覚えないので対策をしてみた!

ハムスターの偏食?緑粒だけ食べている?赤粒だけ残るのはなぜ

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: