賃貸でウォシュレットを自分で設置してみた!手間はかかる!?

スポンサーリンク

契約した物件は、ウォシュレットが設置されていないアパートでした。

でもしばらくしてから、ウォシュレットを設置したいと思ったので、自分で行ってみることに!

設置した時の作業や、感想、注意点などをお話ししたいと思います。

自分で設置するまでの経緯

物件を探すことが多いですが、最近はウォシュレットが設置されている賃貸住宅が多くなったな、と感じます。

不動産会社のお話では、築年数が少し経っている物件でも、大家さんのほうでトイレをリフォームして、ウォシュレットを設置するケースも多いそうです。

それほど需要が高いのかもしれません。
もしご希望の方は、設置されている物件を探してみても良いと思います。

ですがウォシュレットが設置されていない賃貸住宅も、まだあります。
実際に私が住んでいるアパートも設置されていませんでした。

ウォシュレットがある物件を希望していましたが、それ以外の条件が気に入ったという理由でで契約したので…。

正直ウォシュレットも捨てがたい、と思いましたが、悩んだ末、今住んでいるアパートを選んだというわけです。

でも後からやっぱりあったほうがいいな、と思ったので、自分でウォシュレットを購入して設置しました。

スポンサーリンク

自分で設置する時の注意点は?

自分でウォシュレットを設置する場合、コンセントを差し込む電源プラグがついているなど、条件があります。

また設置する場合は、不動産会社、もしくは大家さんに取り付けは可能なのか、確認しておくようにしましょう。

もし取り付けができない場合は、携帯用のウォシュレットも売っているので、それを使用する方法もあります。

携帯用のウォシュレットは、便座をあたためるようなことはできませんが、旅行など、外出先にも持っていくことができます。

取り付け作業は手間がかかった!?

ウォシュレットを自分で取り付ける方法は、商品によって変わってくると思いますが…
基本的に作業をする前に止水栓を止めて、現在設置されている便座を外してから取り付ける、というのが大まかな流れになります。

あくまでも私が作業した話になりますが、少し力が必要な部分があったり、分岐金具の作業に手間がかかったところもありました。

でも説明書を見ながらゆっくり行ったので、取り外し、取り付けの作業自体は、思ってたより難しくはなかったです。

必要物品を準備して、一つひとつ手順に沿って行えば、女性でも取り付けることはできるかな、と思います。

ちなみに私が準備した工具は、スパナ、モンキーレンチ、プラスドライバーです。
(スパナだけより、モンキーレンチがあったほうがやりやすいと思いました。)
ですが必要物品は、説明書で確認してください。

また商品によっては、ホームページで動画が公開されているので、確認しながら行うことも可能です。

業者に依頼することもできる

ですが便座が極端にずれてしまったり、うまく設置できないこともあります。

賃貸物件によって止水栓の場所なども違うので、探してしまうなど、手間がかかってしまうこともあります。

また次の引っ越しが決まった場合、元の状態に戻すのが基本なので、再び設置する必要があります。

その際、取り外した便座の破損に気を付けたり、部品をなくさないよう、大事に保管しておくことが大切です。

次の引っ越し先でも取り付けることを考え、説明書なども保管しておきましょう。

手間を省きたかったり、ウォシュレットを取り付ける自信がないという方は、業者に依頼することも可能です。

設置状況によっては、業者に依頼しないとできないケースもあります。

止水栓のタイプや、コンセントがアース付きでない場合など、業者の依頼が必要になるケースもあるようです。
これに関しても商品によって変わってくると思いますので、購入する時に、家電量販店で相談してみると良いでしょう。

自分で取り付けるメリット、デメリットは?

自分でウォシュレットを取り付ける場合、以下のメリット、デメリットがあります。

メリット

・希望のウォシュレットを購入して取り付けることができる。

・次の引っ越し先にも持っていくことができる。

デメリット

・細かい作業が必要になるなど、少し手間がかかる。

・設置状況によっては、業者に依頼しないとできないケースもある。

トイレの設置状況のほかに、メリットやデメリットを考慮して、自分で取り付けるか、考えてみると良いでしょう。

まとめ

ウォシュレットが設置されていない、賃貸物件もあります。
少し細かい作業は必要になりますが、自分でウォシュレットを購入して、取り付けることはできます。
もし自分で取り付ける場合は、事前に不動産会社、もしくは大家さんに設置は可能なのか、確認しておくようにしましょう。

また設置条件によっては、業者の依頼が必要になるケースもあります。
そのため家電量販店などで、購入する時に相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: