内見の洗濯機やトイレのチェックで意外と見落しやすい箇所は?

スポンサーリンク

物件を内見する時、チェックしたいことはいくつかありますが…
洗濯機やトイレの水回りも気になると思います。

私も意外な箇所を見落としてしまったことがありますので、参考までに説明したいと思います。

洗濯機を置くスペース

まずは洗濯機のお話から。

使っている洗濯機を置くスペースが確保されているか、という点はとても重要です。

内見をするときは、メジャーを持っていき、実際に測ってみると分かりやすいと思います。

メジャーを持っていくと、洗濯機以外の場所(ガスコンロを置くスペースなど…)にも使えるので便利です。

スポンサーリンク

場所はどこにあるのか

よく内見をしますが、洗濯機を置く場所は、洗面所や浴室の近くという物件は多いです。
ですが洗面所や浴室から離れている場所にある、アパートなどもあります。

私はよくお風呂の残り湯を使いますが、以前住んでいたアパートでは、洗濯機を置くスペースが玄関のすぐ横にありました。

でも使っている給水ホースでは短すぎて、浴槽まで届かなかったので、長めの付属品をあらたに購入しました。
もし洗濯の際、お風呂の残り湯を使う方は、給水ホースの長さの問題が出てきます。

この場所に洗濯機を置いた時はどうなのか、という視点で見てみると良いかと思います。

排水口の位置

私は意外と見落としそうになっていたのは、排水口の位置でした。
気に入った物件がありましたが、洗濯機を置くスペースの排水口がほぼ真ん中あたりにありました。

持っている洗濯機では置きにくいかな、と思ったことがあります。

また排水口がしっかり見えていたほうが良いという場合は、位置的にどうなのか、考えてみると良いでしょう。

トイレの手すり、棚の有無

トイレのある場所はどうなのか、中の手すりや収納できるスペースはあるのか、確認しておきましょう。

手すりがついていたほうが良いという方は、位置も見ておきましょう。
棚などの高さも、確認しておいても良いと思います。

ウォシュレット、コンセントの有無

前回も少しお話ししましたが、最近はウォシュレットが設定されている物件も多くなりました。
設置されていない場合は、自分で取り付ける方法もあります。

ですが自分で設置する場合、コンセントの有無など、確認しておく必要があります。

また設置する際は、基本的に許可を得る必要がありますので、不動産会社に相談してみましょう。

参考:賃貸でウォシュレットを自分で設置してみた!手間はかかる!?

トイレの広さ

意外とトイレの広さに気づかなかったことがあります。
内見したアパートは、トイレの場所や設備には問題がなかったのですが、少し狭いと感じた場所もありました。

一緒に内見をした担当者の方が、教えてくれましたが…
設備のほうに頭がいっぱいになっていたので、意外と気づきませんでした。

トイレはある程度広さがあったほうが良いという方は、できるだけ内見をして、中に入って確認したほうが分かりやすいと思います。

まとめ

洗濯機やトイレの内見について、お話ししました。
やはりメジャーは持っていったほうが便利です。

重要なチェックポイントは、人それぞれ違うと思いますが、意外と見落としてしまう箇所もあります。
そのため特にチェックしておきたいことは、事前にメモをしておくと安心だと思います。

<関連記事>
物件は内見しないで決めても大丈夫?契約前に行うべきことは?

洗濯機が水漏れをしたのは入れすぎたから?2回起こった原因は?

作成者:nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: