雨で車の座席や床が濡れるので困る…便利な物を取り付けてみた!

スポンサーリンク

雨の日に車で出かけると、車内が濡れてしまいがちです。

特に濡れたまま傘を車内に入れると、座席や床がビショビショになってしまったこともあります。

そこで対策をすることにしました。

濡れた傘を車内に入れると…

車を買い替えたこともあり、以前より手入れをするようになりました。

中古車を購入しましたが、外観も車内もきれいな状態にして、気持ちよく乗りたいなぁと思うように…。

でも雨が降ってしまうと、車内が濡れて汚れてしまうこともあります。

特に濡れた傘の置き場所に困ります。

一人で乗るときは、面倒なので、助手席にたてかけることもありますが、床や座席がビショビショになっていることも…。

後部座席に立てかけたり、床に置いても同じですし、見た目もあまり良くない…。

車にあまり詳しくない私でしたが、主人の話によると、濡れないように傘を置けるグッズも売っていると言っていたので、探してみることにしました。

スポンサーリンク

車内で使える傘ホルダーを購入

カー用品店に行きましたが、傘を収納できる用品がいくつか売っていました!

私が購入したのは、この商品。

これは傘が2本入るものですが、他にも4本、5本入れられるタイプのホルダーも売っていました。

使ってみると…

購入した傘のホルダーは、見た目はシンプルですが、運転席、助手席の後ろ側に取り付けることができます。

取り付けるといっても、ひもの部分がマジックテープになっているので、巻くようにしてかけておけます。

また天候によっては、折り畳み傘を持っていきたい時もあります。
持ち歩くのにはいいですが、濡れてしまうと意外と収納に困るものです。

でも折り畳み傘も収納できるので、便利だと思いました。

実際に雨が降った時に使いましたが、傘を入れた時の見た目もしっかりした印象。

屋根がないところに車を停めて戻ってきた時は、すぐ傘を入れたいと思いますが、スパッと入ります。
何よりも床や座席に接触しにくいのが良いです。

でも主人は傘を畳まず、そのまま入れたいようで…
そうなると、一回り大きめのホルダーのほうがいいと言っていました。
2本入れたいなら、4本入りくらいの大きさがいいと…。

今度は一回り大きめのホルダーを購入してみたいと思います。

まとめ

雨の日に傘を車内に置くと、座席や床が濡れてしまいます。

お店で売っている、傘を収納できるホルダーを使うと、周りに接触しにくいので、濡れにくくなります。

傘をホルダーに入れてかけておくと、しっかりした印象になりますし、便利だと思いました。

〈関連記事〉
車のぬいぐるみがダッシュボードから落ちないようにするには

車内のゴミ箱を倒れないものに買い換えました!

車の座席が低いので手軽に行える物で調節!運転しやすくなりました!

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: