ゆうちょの銀行印を変えました!意外とスムーズに行える!?

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行の通帳に登録している、届け印(銀行印)を変更しました。

変更は手間がかかるかなぁと思っていましたが、意外とスムーズに手続きをすることができました。

ゆうちょ銀行の銀行印を変更する時に準備する物、手続きの方法について書きます。

前から届け印を変えたかった…

以前からゆうちょ銀行の届け印(銀行印)を変えたい、と思っていました。

というのは、通帳を作った時に届け出をしていた印鑑は、よく使うような認印だったからです。

極端にいうと、100均なんかでも手軽に買えそうな印鑑。

ちょっと不安だったので、しっかりした銀行印に変えたいなぁと…。

実は中古車を購入する時に、実印を作りました。

銀行印を作ろうと思いながらも、なかなか重い腰が上がらなかったのですが、この機会に一緒に作ったんです。

偽造されにくい書体で作ることもできますからね。

銀行印を変える場合、最寄りの郵便局に必要なものを準備して持っていけば、変更することができます。

私は銀行印を作った後、郵便局に行く機会に変更しました。

スポンサーリンク

郵便局に持っていく物

銀行印を変更する時に持っていく物

・通帳(定期預金も変更したい場合は、こちらもお忘れなく)

・変更前の印鑑

・変更後の印鑑

・本人確認書類

今回は私(本人)が行きましたが、代理人でも可能です。
その際は別途、必要書類があるので、確認してください。

私は今回、普通預金、定期預金、両方とも変更しました。
本人確認書類は、運転免許証を持っていきました。

郵便局での手続き

郵便局に行ったら、窓口にある「改印届書」を記入、押印します。
普通預金、定期預金、両方変更したい場合は、通帳ごとの記入が必要です。

窓口に提出します。
ここで本人確認書類の提示を求められるので、提出してください。

手続きが終了したら、通帳を渡してくれます。
今は副印鑑は廃止されています。

この日は郵便局が空いていたので、15分くらいで終了しました。

私はネットで銀行印を作りましたが…
むしろこの銀行印を作るほうが、時間がかかったと思います。

特に変更する理由など、聞かれることはなかったですし、意外とスムーズに手続きが終了しました。

まとめ

ゆうちょ銀行の通帳が、よく使うような認印で届け出ていたので、以前から変更したいと思っていました。

少し心配もあったので、偽造されにくい銀行印を作り、変更することにしました。

通帳の届け印の変更は、必要な物を準備して、最寄りの郵便局に行けば、変更することができます。

郵便局が空いていたので、意外とスムーズに手続きが終了しました。

変更は代理人でも可能です。

でも別途、必要書類が必要になるので、本人以外の方が手続きをされる場合は、確認してください。

〈関連記事〉
郵便為替を送るときは普通の封筒に入れても良い?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: