大根を早く柔らかくして料理をしたい時は?

スポンサーリンク

大根を煮て柔らかくなるまで、少し時間がかかります。

でも早く柔らかくなれば、ガス代の節約にもなります。

大根を早く柔らかくして、調理する方法をご紹介します。

長く煮ているとガス代が気になる

プロパンガスを使っていますが、ちょっとガス代が気になる時もあります。

料理なら仕方がないですが、煮る時間が短くなれば助かりますよね。

参考:アパートがプロパンになりガス代が高いと思ったので交渉してみた

よく大根の煮物などを作りますが、煮るのに意外と時間がかかります。

大根の厚さにもよりますが、柔らかくなったかな?と思っても、まだかたかったり…。

でも柔らかくしてから、フライパンや鍋で調理をすると、時間の短縮になります。

短時間で煮る方法はいろいろありますが、私はシリコンスチーマーで大根を柔らかくしています。

スポンサーリンク

使っているシリコンスチーマー

今使っているシリコンスチーマーです。

実はいただいた物ですが、短時間でいろいろな料理を作れます。
100均ショップでも売っているので、持っていると便利かな、と思います。

シリコンスチーマーは、タイプも様々ですが…
柔らかくする時は、このように伸ばして使っています。

魚を焼き魚風にすることもできます。

参考:切り身や開きを解凍しないで短時間で焼き魚風にしたい時は?

シリコンスチーマーで柔らかく!

では大根を柔らかくする方法です。

適当な大きさにカットして、シリコンスチーマーの中に、水とカットした大根を入れます。

ふたをしめて、600Wのレンジにかけます。

今回はまず、3分レンジにかけてみました。

大根が少し透明になった感じです。
竹串などでさしてみると、若干かたさがあるくらいです。

さらに2分、レンジにかけました。
かなり柔らかくなりました。

ゆでる時間は、カットした大きさにもよります。
また料理や好みによっても、異なると思います。

数分レンジにかけて、いったん大根のかたさを、竹串などで確かめてみると良いと思います。

煮物の場合、完全に柔らかくなってからではなく、少し柔らかくなったくらいで、フライパンや鍋で煮ると、味がしみこんで美味しいと思います。

ですがレシピやご都合もあるかと思いますので、レンジにかける時間は臨機応変に。

あとはフライパンや鍋に入れて調理をします。
ぶり大根を作る時や、お肉と一緒に煮る時なども、時間を短縮して作れます。

まとめ

大根をゆでて柔らかくしたいと思っても、少し時間がかかります。

そんな時はシリコンスチーマーを使って、大根をゆでると、時間の短縮になります。

ある程度柔らかくしてから、フライパンや鍋で煮込むと味がしみ込みますし、ガス代の節約にもなると思います。

〈関連記事〉
きゅうりをカットしたら中の種が大きい!食べてもいいの?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: