国家公務員の官舎に住みたくないと思ったら?メリットとデメリット

スポンサーリンク

私は官舎にずっと住んでいましたが…

その後、賃貸物件に住んでいます。

賃貸物件に住むようになった理由や、官舎・賃貸物件のそれぞれのメリット、デメリットについてお伝えしたいと思います。

官舎から賃貸物件へ

官舎といっても合同宿舎、省庁別宿舎など、種類があります。

また以前の記事でも書きましたが、借り上げ宿舎もあります。

借り上げ宿舎は、国や地方自治体が民間のアパートやマンションなどを借り上げた宿舎です。

私は官舎に11年住んでいました。

合同宿舎の他、借り上げ宿舎にも住んでいました。

でもその後は自分で物件を探して、民間の賃貸物件に住んでいます。

まずは官舎に住むメリット、デメリットについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

官舎に住むメリット、デメリット

メリット

・家賃が安い。給与天引きなので楽。

・転勤になっても、次の宿舎を準備してくれる。

デメリット

・宿舎規則などがあり、自由が利かない面もある。

・官舎を自由に選べない。

上記で述べた通り、借り上げ宿舎の場合、住むのは民間のアパートやマンションなどです。

住民は民間の方が多く、合同宿舎や省庁別宿舎ほどルールは厳しくないので、住む場所によっては賃貸物件と同じように住めます。

官舎の希望は通らない?

官舎に住むメリットとして、家賃が安いというのは特に魅力的ではないでしょうか。
その分貯金もできるので、住宅を購入される方もいます。

宿舎のルールや住む場所にはこだわりがないなら、とても助かると思います。
私もその安さに魅力を感じ、ずっと住んできました。

とはいえ…こちらで官舎を自由に選べるわけではありません。

こんな間取りがいい、2階がいい、角部屋がいい…という希望は基本的に通りません。
このあたりの地区に住みたい、という希望もなかなか難しいです。

でも家族が多いのに指定された官舎が極端に狭いなど、理由があれば相談することは可能ですが…。

国家公務員は引越しを伴う転勤も多く、転勤先によっては遠距離になってしまうこともあります。 今回は農林水産省、農政局の異動の時期やサイクル、流れなどについて、主人のケースも交えてお伝えしたいと思います。

宿舎は自由が利かない?

私が賃貸物件に住むようになった一番の理由は、自由が利かなかったことです。

家賃が安かったのは魅力的でしたが、宿舎のルールが厳しい、自由に部屋を選びたい…と個人的に思うようになり、賃貸物件を探すようになりました。

掃除や草むしりがあるなど、面倒なこともありましたし、特にしんどいと思ったのが、宿舎の前での井戸端会議です。

これは官舎だけに言えることではないとは思いますが、同じ職場の人だと思うと気をつかうんです(^^;

一階に住んでいたので窓を閉めていても話し声が聞こえてきたり、自由に外出しにくいなあと思ったこともありました。

借り上げ宿舎に住んでいた時は、上記のようなことはなく気が楽でしたが、一方でキッチンがかなり狭かったり、お風呂の追い焚きができないところもありました。

官舎もずっと住んでいれば慣れてきますが賃貸物件に住んでみると、また違うなぁと感じます。

では次に自分で賃貸物件を探して住む場合のメリット、デメリットについて書きます。

自分で物件を借りる場合のメリット、デメリット

メリット

・住む場所や好みの間取りなど、自由に選べる。

・ペットを飼っていても、ペットOKの賃貸物件を探せばいい。

デメリット

・引っ越しの時、自分で物件を探す必要がある。手続きが面倒な時も。

・引っ越す時の仲介手数料など、官舎よりも費用がかかる。

特に国家公務員は転勤が多いので、引っ越すたびに物件を探すのは大変だったりもします。

短い期間で物件を探さなければならない時も…。

転勤が決まり引っ越しすることになると、費用の負担はどうなるのか、見積もりを依頼するにはどうしたらいいのか…気になりますよね。 そこで転勤による引っ越し費用の負担や、スムーズに行える見積もり依頼業者など、主人の転勤が多い私が、経験談を交えてご紹介したいと思います。

また賃貸物件を借りるなら、保証人を立てたり、手続きも時間がかかったり、面倒なこともあります。

(保証人なしで契約できる物件もあります。)

住宅手当がもらえるので助かりますが、やはり物件を自分で借りるとなると、いろいろ費用がかかります。

公務員が賃貸物件に住む場合、住宅手当の支給を受けることができます。 この住宅手当ですが、夫婦で公務員だと支給はされるのか、片方が民間企業の場合はどうかなど、疑問に思う方もいると思います。 今回は住宅手当の支給額について書きます。

賃貸物件でもマナーを守ることは大切です。

とはいえ、個人的に自由に住む場所を選べるようになったのは大きいです。
官舎に住んでいた時は気にすることも多かったですが、自由度は増しました。

最初は家賃ばかり気にしていましたが、住む家はできるだけしばられなかったり、くつろげる場所が一番です。

それゆえ最近は、自分で物件を探すのもアリだと思っています。

ペットについての記事です。

官舎でペットを飼いたい、と思っている方もいると思います。 ペットといっても犬や猫の他に、ハムスターなどの小動物、金魚や熱帯魚など、様々です。 また官舎も借り上げ宿舎に住む場合もあります。 今回は官舎とペットについて、お話しします。

まとめ

官舎に住むメリットは、家賃の安さです。

一方でいろいろな面で、自由が利かない面もあります。

私は11年官舎に住んでいましたが、最近は自分で物件を借りて住むようになりました。

ですが官舎、賃貸物件にはそれぞれ、メリット、デメリットがあります。

両方を考慮して、検討してみると良いかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: