きゅうりをカットしたら中の種が大きい!食べてもいいの?

スポンサーリンク

きゅうりを切ると…

「あれっ!?中の種が大きくて、くっきりしている!」

と、思ったことはありませんか?

きゅうりの種が大きくても、食べられるのか、お話しします。

中の種がくっきり!?

スーパーでよく、きゅうりのまとめ買いをします。

食べようと思い、包丁で切ってみると…

真ん中の種が何か大きい!

と、いう時がたまにあります。

変色はしていませんが、種がくっきりという感じです。
透明な種もありますが、少し白っぽくなっている種も…。

スーパーで買ってくると、種なのか分からないくらいのきゅうりが多いですが、たまにこれくらいの大きさの種だったりすることも…。

スポンサーリンク

食べてみると…

切った時に種が大きいと思っても、両端はそれほどでもない時もあったり、様々です。

以前はこれくらいなら大丈夫だろう、と思いながらも、種が大きめの部分だけカットしたり、中だけくり抜いて食べていました。

でも傷んでいるわけではないので、食べてみることにしました。

すると…結構おいしい!

種をじーっと見てみると、白っぽいから、もしかして硬い!?というような種もありましたが、全然そんな感じはしません。

食べた時も、こりっとした感触もしませんでした。

何も言われなければ、普段食べているきゅうりと同じくらい。

なぜ種が大きいの?

なぜこんなにきゅうりの種が大きい時があるのか?というと…

どんどん熟していくからです。

種が大きくても透明だったり、少し白っぽいくらいなら、ほとんど硬さは感じないので、美味しく食べることができます。

むしろ水分があって美味しい!
でも種は消化が悪い面も少しあるので、気になる方は控えた方が良いかと思います。

さらに熟してしまうと…

さらに熟してしまうと、硬さが出てきたり、種が黄色っぽくなることもあります。
傷みがなければ食べられますが、味も落ちますし、あまりおすすめできません。

またきゅうりの外観は変わらないのに、カットしたら、中心のあたりが白っぽくなっていたり、穴が開いているような空洞が見られる時もあります。

これはきゅうりの水分が抜けてきて、パサパサしている状態です。

この段階でも食べることはできますが、水分が抜けているので、どうしても味が落ちてしまいます。

大根もカットしてみたら、中が透明っぽくなく、白くてパサパサしていた、ということもあります。

きゅうりもそうですが、やはりその前に食べたほうが、美味しいです。

傷まないようにするには?

きゅうりの種のことについて書いてきましたが、そもそもきゅうりが傷んでしまっては食べることができません。

傷んでくると、ニオイなどもします。

きゅうりをビニール袋に入れておくと、水分が付着していることもあります。

それゆえ、このまま冷蔵庫の野菜室に入れると、傷みが早くなってしまいます。

特に袋入りで買ってくると、きゅうりときゅうりの間がくっつきやすいので、さらに傷みやすくなります。

私自身、そのまま野菜室に入れてしまい、食べようと思った時に傷んでいた、という時もありました。

特にまとめ買いをして、すぐに食べなければ、それだけ保存期間も長くなります。

できるだけ傷まないように、買ってきたらキッチンペーパーなどで拭いて、一本ずつ分けて保存することが大切です。

まとめ

きゅうりをカットした時、種が大きいこともありますが、これは熟してきているからです。

種が透明だったり、少し白っぽいくらいなら、まだやわらかいので、美味しく食べられます。

でも徐々に種も硬くなり、まわりの水分も抜けて、白っぽくなると、味が落ちてしまいます。

スーパーで買ってきたきゅうりを、そのまま野菜室に入れてしまうと、水分がついた状態になり、傷みやすくなります。

また袋入りで買ってくると、隙間がないので、さらに傷みやすいです。

よく水分を拭きとり、隙間をあけて保存するようにしましょう。

〈関連記事〉
かいわれ大根を水につけて栽培にチャレンジ!経過、結果は?

大根を早く柔らかくして料理をしたい時は?

nanohare

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: