引越しをする時の宅配便の住所変更は?意外と忘れてしまうことは?

スポンサーリンク

引越しが決まったら、いろいろな手続きが必要になります。

やることがたくさんあり忙しくなりますが、今回は宅急便の住所変更について書きたいと思います。

便利なサービスや注意したいことをお話しします。

荷物の受け取りはどうするか

引越しが近づいてくるとドタバタします。

引越し間際に荷物を届けてもらう場合、引越し前、引越し先のどちらに届けてもらうのか決めます。

引越し日を考慮して、日付指定などを利用すると便利な時もあります。

また宅配便によっては、「転居・転送サービス」を行っている会社もあるので、利用すると便利です。

万が一旧住所に送られたとしても、新住所に届けてもらえるサービスです。
(利用できない会社もあります。)

ですが転送期間が決まっている場合がほとんどなので、確認しておきましょう。

ちなみに郵便物の転送サービスもあります。

いずれにしてもこの時期はドタバタしているので、行き違いがないように注意したいものです。

私の場合引越し前に購入したい物品などがあれば、早めに届けてもらうようにしています。

でも引越し前に届けてもらう物が増えるとかえって荷物が多くなり、面倒な場合もあるので、急ぎでないものは引越し後にしています。

スポンサーリンク

届けてもらうのが間近になる時は?

手続きは早めに行いたいものですが、中には引越し間際に荷物を届けてもらう物も出てきます。

例えばインターネット接続関連の物品や書類など…。

引越しが決まったら契約先のプロバイダーに連絡をします。

その際今まで使っていた物を送り返したり、引越し先で使う物を送ってもらう必要が出てくる場合もあります。
(モデムなど…。)

この場合もどちらに送ってもらうのか、引越し日などを考えて届けてもらいましょう。

引越し先での工事の有無、どの方式を使うか等によって変わってきますが…
手元に届くのが遅くなってしまうと、早く使えず不便になることもあります。

このあたりも考慮して、届けてもらうと良いと思います。

注意したいことは?

引越し前なのにかなり早めに新住所に荷物が届いてしまったり、逆に引越しをしたのに旧住所に荷物が届いてしまうと迷惑がかかる場合もあります。

そのため必要な住所変更は、行っておくことが大切です。

特に忘れてしまいがちなのは、カタログやダイレクトメールなどの住所変更です。

カタログが宅配便で届くことは、意外と多いです。

住所変更をしていなかったり転送をかけていないと、ずっと旧住所に届いてしまうことが起こります。

実際に私も忘れてしまったことがありました。

引っ越し後、旧住所に主人の後輩が住むことになりましたが、私宛に届くはずのカタログが新住所に届かない…。

あれっと思ったころ、既に困っているとの連絡がきました(^^;

郵便物の転送は行いましたが、宅配便は行っていなかったのです。
住所変更も行っていなかったので、そのまま届いてしまったようです。

本当に迷惑をかけてしまったと思います。

しかもその頃はいろいろなカタログを届けてもらっていたので、量も多く大変だったと思います。

今はスマホの普及により、カタログを送ってもらう機会は、以前より減ったと思いますが…

よく届くカタログがある場合、住所変更はしておいたほうが良いでしょう。

お届け先の住所変更は、インターネットからできる場合が多いです。

でもカタログをいったん停止したい時など、直接電話をしないとできない場合もあります。

私の場合、迷惑をかけてしまったのが主人の後輩でしたが、旧住所に住んでいる人は知らない方がほとんどだと思います。

後に住む方に迷惑をかけてしまうこともあるので、気を付けたいと思います。

別の人の宅配便が届いてしまう…ことはありませんか? 私も何度かこのようなことがあり、困っていたことがあります。 その経緯や、別の人の宅配便が届くような時はどうするべきか、お話ししたいと思います。

住所変更をする時期は?

引越し間際に親戚や友人から荷物を届けてもらう場合、どちらに送ってもらうのか、伝えておけば良いと思います。

ですが住所変更する時期は、ケースバイケースになるので、難しい場合もあります。
早すぎても遅すぎても上手くいかないこともあります。

私の場合、郵便物や荷物があまり届かないなど、支障がないと思われる住所変更は、早めに行っています。

また電話で住所変更をする場合、引越し日を伝えて相談してみると良いと思います。

転送サービスは全ての会社で使えるわけではありませんが、できる限り利用して、行き違いがないようにしています。

まとめ

引越し間際に荷物を届けてもらう場合、引越し前にするのか、引越し先に届けてもらうのか、よく考慮して決めましょう。

転居・転送サービスを行っている場所もあるので、利用すると便利です。
(利用できない会社もあります。)

住所変更する時期はケースバイケースで、早すぎても遅すぎても上手くいかないこともありますが、できる限り行き違いがないように注意しましょう。

特にインターネット関連の物品は、引越し間際になりやすいので注意が必要です。
またカタログなどの住所変更も、忘れずに行っておきましょう。

【関連記事】
引越しする時エアコンはどうする?安く工事できる便利なサポートは?

作成者:nanohare

スポンサーリンク

 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: